もどってみる
 

 

前夜祭

事の始まりはべスパを引き取りに行く時、ダイハツのハイゼットをレンタカーで借りたのがいけなかった。兄弟そろって変なスイッチが入ってしまい「軽トラ欲しいな兄者」「お買いヨ」といういつもどおりの会話を経て、めっきり稼働率が下がっていたシトローエンGSAとの入れ替えということで購入が決定。

軽トラなんかほかにいくらでもあるだろうに「私らしさが大切」という女性誌の見出しのような訳のわからない理由で購入車種はマツダ・ニューポーターキャブに。ヤフオクで30,500円にて落札。いつもお世話になっているメカさんの工場で納車整備と相成ったのでした。

 

 

「ポーター来ましたよ」とのお言葉をうけ工場に見に行ってみるとすでにタイヤ外されてウマの上。

車体自体は最終年式。記録やマニュアルの類が一切残っていないので詳しい経歴は不明。錆びや泥汚れが少なく、距離が比較的伸びているあたりを見るにおそらくお店の配送業務のような仕事についていた個体と思われます。

簡素極まりない運転台。メーター脇の赤いのはチョークのノブ。

メーターも簡素です。当然タコメーターなどと言うものはついていません。

と、思いきや。

おいおい、水温計が付いてるじゃねーか。
ゴージャスね、お姉さま。
叶姉妹だ。

叶姉妹は軽トラ乗らないけどさ。

もうひとつゴージャス。

三角窓。これで暑い夏もなんのその。キャブ前面のベンチレーターと合わせればクーラー要らず。走ってりゃ涼しい。

そのかわりブロアファンは温風のみ。スゴイッ!ぜんぜんスゴクないッ!

最大積載量は350kg。まず困らないな。ウチの2輪なら。ゴールドウイングとか載せることはありませんから、これで十分。

荷台アオリのヤレ具合が絶妙。

うわああああ....

バンパーへこんでんじゃんよ。ヤフオクの釣り書きには書いてなかったような気がしたぞ。いや、まあいいんだけどさ。バンパーぐらいへこんでても。

つーかこんな小さい車ぶつけるなYO!

エンジンは液冷2気筒4サイクルガソリンエンジン。

小せぇ。

つーか、シトロエンよりエンジンルーム整然としてる気がしてならないヨ…

今回のテーマは事前整備。外車系自動車雑誌によくある「リフレッシュ」てヤツな。もうどんどん交換しちゃう。

アルファの164なんかだと雑誌の言うこと真に受けて書いてある整備全部やったらエライことになるけど、軽トラだから相当贅沢しても大丈夫。てひひひひ。

エアフィルター汚すぎだよ…

もどるしかあるまい。

製作:内燃機関兄弟