もどってみる
 

ちょっといじってみる-オーディオ取り付け

まあ、車に乗ったら音楽が聴きたくなるのは当然のことでありまして、ポーターキャブにもともとついているAMラジオじゃちょとさみしい。鳴らねぇし。だめじゃん。しばらくポータブルのオーディオ機器なんぞを車載しまして、旅行用の携帯スピーカー に繋いで音楽を聴いてましたが、出力が足りない。エンジンの上に人間が座ってますんで、どうしてもエンジン音にかき消されます。「そんじゃぁボリューム”MAX!”イエィイエィ。」なんてやりますと高音大音響シャカシャカ地獄になりまして、ぐったりしちゃいます。「コリャどうにかすんべぇ。」 ということでカーオーディオをつんでみることにしましょう。

 

 

 
ポーターキャブにはAMのみのカーラジオがセンターコンソール部にはめ込まれています。このラジオは現在の1DNではありません。センターコンソールに穴をぶち抜いて1DNオーディオを付けちゃうという手もあるのですが、もともとついてるラジオが昔ながらのラジオでして、なかなか趣深い。ラジオが左右対称の形状をしていまして、このラジオを中心に灰皿、シガーソケット、チョークレバーとこれまた左右対称に配置されています。ここに現代風オーディオがついてしまっては雰囲気がなくなってしまいそうです。これはこれでとっておきましょう。そうなるとあとはグローブボックスの下に吊るして取り付けるしかありません。 おりょりょ。

そんでもって、もともとついてるスピーカーっつーのがまたステキ。メーターの上のパネルに埋め込まれています。助手席側にはスピーカーがありません。なんとも。
ここのスピーカーはこのまま使用しますが、一応状態を調べておきましょう。分解はまず、メーターパネルを留めている4本のタッピングビスを外します。そして下側から手を突っ込んでメーターケーブルを抜きます。メーターケーブルは白い爪でメーターに留めてあるだけなので、爪を押して引っ張れば抜けます。
メーターパネルを手前にずらして、スピーカーを止めている4本のスクリュー&ナットを外せばスピーカーがおります。

これが外れたスピーカー。って風化しまくり。年月がたってますし、日が当たるところですんで致し方ない。真中に埃のお団子がたまってます。まるで蟻地獄。いやん。交換ですな。
そこらへんに転がっていたマルチメディアスピーカーを分解してそれを使用しちゃいます。 ちょっと小さいけど今回は助手席側にもスピーカーを取りつけますんで2個あればなんとかなるだろうと楽天オーディオ計画っす。
グローブボックスの下にヘッドを吊るしますんですが、最近あんまり見かけなくなった「カーオーディオ&無線吊るしステー」がここに登場。カー用品店で1200円程度で購入。マジックテープでヘッドが簡単に取り外せる。Tの字型をしてまして、手前に2本、奥に1本のタッピングビスで取り付けるようになっています。
しかし、グローブボックスの底面が奥に行くほど下がる感じで斜めになっていますんで、手前2本を長めのスクリュー&ナット、奥を短めのスクリュー&ナットで固定するようにします。こうすることでヘッドを水平に取り付けられます。
そんで配線のおはなし。写真撮り忘れたんで、超リアルな絵でご説明。もともとのラジオ用のコネクターです。4穴ですが、配線は3本のみです。絵は配線が来ていない穴を右上にしたときの図です。左上が常時12V電源が来ている穴です。左下がキーをONまでひねると12V電源が来ます。右下の”?”はなんだか分かりませんでしたが、多分使わなくていいと思います。
アンテナ線は一般的な形状ですが、ヘッドをグローブボックスの下に吊るすので、既存の配線では届きませんでした。カー用品店で延長アンテナケーブルを購入して延ばしました。

で、ヘッドをくっ付けるとこんな感じ。曲がってる?曲がってる?
ええんでないの?
ヘッドはADDZESTのCD/FM/AM。ディスプレイはトラックナンバーだけ表示。シンプルでよろしい。この内装で、音に合わせてディスプレイがヒョコヒョコされちゃっても何なんで。ディスプレイ照明もメーター照明と同じ緑系で統一感があって◎。

運転席からは遥か遠くに装着されたオーディオですが、これより右にはヒーターユニットがありまして、ちょと辛い。
こんな感じですんで、当然のように助手席の人はオーディオ担当になります。DJ−JOSYUSEKI。チェキらー。オーイエ。

肝心なスピーカーですが、ちょっと投げやりですかね、こりゃ。
運転席のスピーカーは元の場所に収めたんですが、助手席側のスピーカーを取り付けるところがありません。ダッシュボードや床にスピーカーを置きますと圧迫されますんで、まぁ、小規模に。
ブロワーモーターの固定スクリューにステーを共締めしまして、そのステーにモロにスピーカーをネジ止め。大丈夫だろうか…。
名づけて「ネイキッドスピーカー」。むふぅ。
まとめ
実際に走行しながら音楽をかけてみる。やはり「ネイキッドスピーカー」が難アリ。シャカシャカいうだけで低音まるでなし。やはり箱かなんかに取り付けないとダメなんでしょうかね。まあ、そのうち何とかします。
それ以外は、いたって順調。当然普通車よりも振動がキョーレツなんで音飛びが不安でしたが、めったに起こりません(アスファルトがめくれた穴ぼこにタイヤが落ちると一瞬音飛びする。穴っ!穴っ!避けろ!)。ダッシュボードもポーターブルスピーカーがなくなってスッキリしました。うぅ〜ん。快適。

もどるしかあるまい。

製作:内燃機関兄弟